• ウレシカ整体

CASE40 メガネと顔の歪みの関係


CASE40 メガネと顔の歪みの関係

20代女性 事務職

メガネを買ったお店で調整してもらったのだが「これ以上は調整できません」と言われた。もともと顔の歪みは気になっていて、左側が下がっているように感じていた。買ったばかりのメガネの調整が上手くいかないままでは「像が歪んで」気持ちがわるいので顔の歪みが原因ではないかと思うので調整をして欲しいとの事。

僕自身は中学生の頃からメガネをかけ続けている、朝起きた時から寝る直前まで、外すのは顔を洗う時と寝るとき位。それだけ長時間かけっぱなしなので、ほんの少しかけ心地が悪いだけでもイライラしてしまうし、気分が悪くなる依頼者の気持ちは十分にわかる。

今回のケースまず、考えなければならないことは「本当にメガネの調整範囲を超えて、顔に合わないのか?」という事。ありえない事なのだ、依頼者は日本人、顔も標準サイズ、購入店も日本の老舗メガネ販売店だ。もし本当に合わないのであれば、お店側の責任で別なフレームに交換すべきだろう、なぜなら仮合わせの時点でサイズが合わないのは確認できたはずだからだ。そして何より「像が歪む」のは眼球とレンズに位置を合わせる事が出来ていない証拠、つまり、これは技術者の能力不足に他ならないのだ。まあ、そんなところに何度も通い調整してもらっても、できない人に何度やってもらっても結果は変わらないので、僕が信頼を置いているメガネ屋さんを紹介しました。

僕も過去に、メガネを作ったのだが調整が上手くいかず、買ったところとは違うお店で調整してもらったが上手く合わせてもらえず、結局は今回依頼者に紹介したメガネ店で完璧に合わせてもらえたという経験がある。あの時は「初めからここで買えば良かったと後悔」したのを覚えている。 では、なぜ、他所で買ってしまっていたかというと、そのお店の品揃えが豊富だったという事と、実に10年ぶりのメガネ交換であり、その間ほとんど狂いがなく調整をした覚えがなかったのだがそれが、メガネを調整してくれた店員さんの技術だという事に気づいていなかったからだ。

どんなに優秀な職人が作ったメガネであっても、サイズ選びから調整までが上手くいかなければ、気持ちが悪くて1秒とて掛けていられないのだ。多くの人が「メガネなんて一日中かけていられない」という。それはまともなメガネをかけた経験がないからだ、メガネ選びに重要なのはメガネのブランドではなく販売者の調整技術なのだ。

依頼者にはメガネをきちんと調整してもらえば大丈夫と伝えたが、他にも肩凝りや腰が重かったり、足の痺れなどもあるという事なので施術をすることになった。 目に見えて顔が歪むとか、体の末端に痺れが出るという事は「その部分」だけが悪いのではなく、必ずと言っていいほど、そこよりも体の中心部分に原因があるので全身を診ないわけにはいかないのである。 まず、依頼者の体がいかに不均一になっているか、そして整うとはどういう事かを実感して頂くために、施術前後の「体の動かしやすさ」の確認を交えて施術を進めた。 今回、依頼者は「顔の左側が下がっている」と感じているという事だった。ここで注意しなければならないのが「何を基準に下がっていると感じているのか?」ということ、女性ならば、ほとんどの方が顔の肉は下がってるよりも上がっているほうが「良い」と思う事でしょう。だから、下がっている方を「悪」と考えてしまうのは自然の事で何ら不思議はないのですが、実際は上がってる方が「悪」の場合もある。それを見極める唯一の基準は「筋肉の自然な緊張度」である。 脱力した状態で筋肉の緊張(張りや凝り)が無い位置に揃えていく事で、体の中心軸が整い、歪みのない自然な状態に落ち着くのである。その結果、顔も左右均一に近づく、決して人の顔は左右対称ではないので、顔が鼻を中心に線対称になるわけではないという事はご理解頂きたい。 施術後は足の接地感や体重の乗り方、重心の感覚や体の軽さ、顔が整い、むくみも引いていたので喜んでもらえた。メガネをかけた時の顔とのズレは酷いままだが、これは顔に合わせてキッチリと調整してもらえば「像の歪み」も無くなるはずなので心配ない。 お顔の歪みは首や肩周囲の影響を強く受け、場合によってはお腹、骨盤、足先の影響を受けていることも少なくない。メガネの調整も一緒で「中心軸、重心」をしっかりと見極め、そこから調整していくことが最も重要なのではないかと考える。目に見える事にとらわれず、指先で軸を捉え、感じながら調整することで狂いが少なく、極めて使い心地の良いメガネ、使い心地の良い体になるのだ。

<ウレシカ整体ホームページ> http://www.uresikaseitai.com/ <ウレシカ整体Blog>

http://www.uresikaseitai.com/blog

<ウレシカ整体ツイッター>(フォローは遠慮なくしてください)

https://twitter.com/uresikaseitai

<ウレシカ整体フェイスブックページ>(フォローは遠慮なくしてください) https://twitter.com/uresikaseitai <八田崇フェイスブック>(友達申請大歓迎!) https://www.facebook.com/takashihatta8 <Instagram>(フォローは遠慮なくしてください) takashi_hatta で検索してください、植物の写真など随時アップしてます

<RoomCrip>(フォローは遠慮なくしてください)

Room NO,661906 です

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示