• ウレシカ整体

Case5 耳閉感

Case5 耳閉感 30代女性 看護師 仕事が忙しく、肩凝りと首の凝りが酷くなってきた辺りから耳閉感が出始めたとの事。 1回目:肩凝り、首の凝りを解く為、後頚部、側頚部を中心に矯正、仰臥位にて頭部、前頚部を矯正→耳閉感消失。今回のケースは主に側頭骨と後頭骨の擦れが原因だったと思われる。

2回目:仕事での疲労、ストレスをため込む前に来店していただき、その都度、各所の疲労取りと頭部矯正を行うことで耳閉感の再発は今のところない

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示