• ウレシカ整体

自分の体大切にしてあげてください


昨日は「新潟ハーフマラソン2017」が開催され、 お客様の中からも多数参加し、大会前後のケアを担当させて頂きました。 「新潟ハーフマラソン2017」参加された約4000名のランナーさん、調子はいかがでしたでしょうか? 参加された方のなかには、体ができていないのに突っ込んでたという方や、痛みがあるのに走ってた方など...いらっしゃったようです。 スポーツの世界では「辛いことを我慢し達成した」や「痛みに耐えて成績を出した」選手の活躍は時として大きな感動を生むことがあります。甲子園で一人で投げ抜き優勝に導いたとか、痛みに耐えながらも優勝を果たしたとか。。。痛みを隠してもチームのためにプレーした。。。とか 本当にそれでいいのでしょうか?

プロの世界だ、趣味の世界だ、本人の問題だと言われれば口をはさむことではないのかもしれません。 僕の仕事は、多少なりとも不調の方が多くいた方が「仕事が増える」といった面があります。健康器具、ケア用品、サプリ、なども同じく不調の方が多くいた方が売れます。 でも、それで本当にいいのでしょうか? 僕は同じ競技をする人を支えるならば ・ベストパフォーマンスで臨みたい ・気持ちよく、楽しく競技がしたい ・生涯現役で競技がしたい ・現役引退後も家族や仲間と一緒に競技がしたい など、「自分の体を大切にする人」を支えたい。 だから僕は、簡単に「棄権したら?」とか「リタイアしたら?」とか「練習さぼれば?」と言います。 注目されている選手や人ならば、なおさら言います。

だって、まわりは言ってくれないだろうから。まわりは期待しているんです。あなたの活躍を、あなたの頑張る姿に感動したいから応援するんです。 応援してくれる人たちがいるから頑張る。でもね、本当にそれでいいんですか? 調子が悪ければ棄権したっていいじゃないですか。リタイアしたっていいじゃないですか。練習さぼったっていいじゃないですか。 自分の体大切にしてあげてください。

<ウレシカ整体ホームページ> http://www.uresikaseitai.com/

<ウレシカ整体Blog> http://www.uresikaseitai.com/blog

<ウレシカ整体ツイッター>(フォローは遠慮なくしてください) https://twitter.com/uresikaseitai

<ウレシカ整体フェイスブックページ>(フォローは遠慮なくしてください) https://twitter.com/uresikaseitai

<八田崇フェイスブック>(友達申請大歓迎!) https://www.facebook.com/takashihatta8

<Instagram>(フォローは遠慮なくしてください) takashi_hatta で検索してください、植物の写真など随時アップしてます

<RoomCrip>(フォローは遠慮なくしてください) Room NO,661906 です

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示