• ウレシカ整体

CASE32 手の甲のしびれ


CASE32 手の甲のしびれ 30代女性 介護職員 介護職がとても大変なお仕事というのは今や周知の事実。今更、内容についての説明は不要だろうから省く。 僧帽筋、広背筋、三角巾などいわゆる「背中」に痛みがあり、肩まで痛い、腰も常に重い感じがあるのでお医者さんに診てもらったところ、骨は大丈夫とのこと。おまけに左手の甲に痺れがあり、触れるとビリビリ痛むというのだ。 疲労箇所が広範囲なので、こういう場合はまず、全体を大まかに解してからでないと見えてこない部分がある。これだけでも、約半分くらいは疲労が取れるので楽にはなる。肩の痛みを取っていく中で時折、手の甲の痺れも確認していたが、変化は無かった。手の痺れと関連が深いのは頸椎なので頸椎周囲を細かく確認。。。。それでも、変化なし。この時点で原因箇所の特定ができなかった。最後に腰かけた状態で手の甲に触れると、それまで気づかなかったのだが、手の甲に僅かな窪みが出来ていることが分かった。ちょうど中手骨2と3の間、背側骨間筋が走る箇所。掌の平側から押し上げるようにして、窪みを引き出すようにアプローチしたら窪みはなくなり、痺れも消えた。なぜ、中手骨の間が窪んでしまっていたのかは分からないままだ。

<ウレシカ整体ホームページ> http://www.uresikaseitai.com/ <ウレシカ整体Blog>

http://www.uresikaseitai.com/blog

<ウレシカ整体ツイッター>(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://twitter.com/uresikaseitai

<ウレシカ整体フェイスブックページ>(フォローは遠慮なくどうぞ) https://twitter.com/uresikaseitai <八田崇フェイスブック>(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/takashihatta8 <Instagram>(フォローは遠慮なくどうぞ) takashi_hatta で検索してください、植物の写真など随時アップしてます

<RoomCrip>(フォローは遠慮なくどうぞ)

Room NO,661906 です

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示