• ウレシカ整体

CASE26 首、背中の痛み(歯科医師、歯科衛生士)

CASE26 首、背中の痛み(歯科医師、歯科衛生士) 作業中に患者の口をのぞき込む姿勢を取り続ける歯科医師、歯科衛生士には 肩凝り、背中の痛み、腰痛はもちろん、下を向くのも、上を向くのも辛くなる方が多い、中には顎関節症も併発し、サンドイッチを食べるのが辛いほど、口が開けられなくなる人もいる、酷いと頸椎ヘルニアや腰椎ヘルニアになる先生もいる 勤務年数が長ければ長いほどその症状は顕著に表れてくる、そして姿勢を維持しながら、 頭の重さ、腕の重さ体の重さを支え続けたそれぞれの筋肉は強く硬結し、解けにくい傾向にあり ゆっくり、じっくりと、「筋肉の緊張が解けるのを待つ」という施術が最適といえる 腰部の緊張を解くときも同じように「待つ施術」を入れるのだが、これが全身となるのでかなりの時間を要する。あせって、力を入れすぎたり、ガシガシ揉みこんでは解れにくいどころか、あとから痛みが出やすくなるので注意が必要だ。首や肩に痛みがあっても「痛いところに原因はない」ので、セルフマッサージをするときは痛みの出ているところではなく、その周りを揉む方がいいだろう、痛いところを揉んでは痛みが強くなる可能性が大きいので気を付けて頂きたい

<ウレシカ整体ホームページ> http://www.uresikaseitai.com/ <ウレシカ整体Blog>

http://www.uresikaseitai.com/blog

<ウレシカ整体ツイッター>(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://twitter.com/uresikaseitai

<ウレシカ整体フェイスブックページ>(フォローは遠慮なくどうぞ) https://twitter.com/uresikaseitai <八田崇フェイスブック>(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/takashihatta8 <Instagram>(フォローは遠慮なくどうぞ) takashi_hatta で検索してください、植物の写真など随時アップしてます

<RoomCrip>(フォローは遠慮なくどうぞ)

Room NO,661906 です

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示