• ウレシカ整体

マッサージや整体いろいろあるけど、どれを選んで良いかわからない

マッサージ 整体 選び方

僕のところにいらっしゃる新規のお客様に

「今日はどうしてウチを選んでくださったのですか?」と聞くこともしばしば

お客様「だっていろんなお店があって、どこが良いお店なのか分からないから、とりあえず家の近くから探してみたら、ここがあったから来ました」

僕「僕自身も、正直、他の先生方やお店がどんな施術をしてらっしゃるのかはホームページからでは分からないんです。良さそうだな?と思って、行ってみて、あれ?なんか想像してたのと違ったな、なんて事も結構ありますし、ホント、受けてみないと分からないんですよねこればっかりは。。。」

僕、個人が疲れをとりたいな~と思ったときの整体院、マッサージ店の選び方は

まずは「手でやる」か「道具」を使うか?

これは、絶対に「手でやる」です。

人間が細かい変化を探る時は必ず指先を使います。道具を使って指先ほどの感覚を養うには手でやる以上に熟練が必要です。なので、確率からいって、必ず手技100%を選びます

今、リラクセーション業界はいろんな施術方、手技、メニューが存在します

どれを選んでいいのか分からない と思われるのは当然です

しかし、基本は全て同じところにあります

施術の基本は「揉む」「押す」「叩く」の三つです、三つしかありません

それを、「手の平でやるのか」「指の腹を使うのか」「指の先を使うのか」など手のどこを使うか、どう使うか

そして、どう組み合わせて、施術の流れを作るかの違いでしかありません

僕が勤めていた治療院では「揉捏(揉む)」しか許されませんでした、それ以外は原則禁止でした

その中でも、揉捏にはタテやヨコ、円を描くようにやるやり方があります、その中でも特に難しい円を描く「円揉捏」しか許されませんでした

円揉捏だけですべての部位を施術していくのです、練習中、少し疲れてリズムが狂ったり、手が止まれば、先輩から叱咤激励を頂けるという究極にありがたい環境で僕は揉まれました

突き詰めれば揉捏だけで全ての部位を施術することが可能ですが

時代の流れでお客様の趣味趣向は多岐に渡り、今ではいろんなアレンジやプラスαの効果、サービスが付加されて選択肢が増え過ぎたため、リラクセーション業界はお客様が「選びにくい」環境になってます

結局のところ、基本はどれも同じなので、お好みで選んで良いと思います

次に、距離は近い方がいいですが、車で日帰りで行ける範囲から探します

つまり、今日、この疲れを取りたいので、「今日中に解決できる」ことが条件です、近くで行ってみたいな?と思えるところが見つかったらラッキーです

もし、信号一つ向う、橋一つ向うに行ったらいいところが見つかるかもしれませんし、ちょっと生活圏から離れるかもしれないけど、範囲を広げて探します

そして、価格帯ですが、これはとても難しい点です

誰しもお金と時間には限りがあるものです

個人店の上手な先生でも、低料金でやってくれる先生もいらっしゃいますし

また、その反対もいらっしゃいます

個人店でもスタッフが沢山いる店舗でも

施術料金の市場適正価格は1000円/10分ですが

これを大きく下回る価格だとお店が回らなくなってしまいます。せいぜい、安くても二割引きくらいまででしょうか?

僕はかけ出しの頃、低価格の店舗に配属になり、とても多くのお客様に入らせて頂き、毎日、休みなくお客様に入り、経験を積ませて頂きました。非常にありがたい経験でした。つまり、低価格の店舗とはそういうところです。

そういうお店でも、必ず経験者はいますから、そういう人を初回から「指名」していく時もあります

そうすると、低価格でとても上手な人にやってもらえることがあったりします

ヤッパリ「人」がやることですから、技量の差はあります。どんなお店でも、どんな施術メニューでも結局はその施術者の技量です

迷いに迷って、絞り込んだら、あとは勇気をもって受けてみるしかありません。ホント、外側からではわかりません

ここまで読んで頂いた方がいらっしゃったら申し訳ないのですが

ホントに薄っすら、上っ面の事しか書いていません、この場ではこれ以上ハッキリしたことは言えないのが現状です

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示